子供の視力アップは自宅で可能なのか?

【一日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法】って本当?

お子さんは、自分の視力が悪くなっていることには気づいていません。
「目が悪くなる」という感覚を認識していないからなんです。
子どもがいつもどおり生活しているのに、幼稚園や小学校の視力検査で、思わしくない判定を持って帰ってくると、ドキッとした経験はありませんか?
現在の日本では、3人に1人が近視と言われており、しかもその傾向は年々強まっています。

 

だから、できるだけ早い段階で視力回復トレーニングが必要なんです。

 

(写真)

 

1日わずか13分、たった2ヶ月で、視力を0.3→1.2まで回復させることが出来るというのは本当なのでしょうか?

 

当サイト「【一日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法】の本音レビュー」では、アイ・トレーニング 視快研 小牧店で、アイ・トレーニング公認のインストラクターをされている田中謹也氏の「アイ・トレーニング・コンプリートキット」の内容を購入してレビューしています。

 

 

インターネットで視力回復商品を購入する場合の注意点

 

当サイトでは、数多くの教材や視力回復トレーニングキットを購入、その内容を見てきた結果、3つのポイントに注意すべきだと考えています。

 

1.やっていて楽しいか?飽きないか?

 

まず大切なのは、教材を実践していて楽しいのかということです。
大人だってつまらないことや単調なものは、楽しくないしすぐに飽きてしまいます。ゲーム性などが盛り込まれ、できれば家族全員で楽しめるとベストです。

 

 

そのためにも、トレーニングキットが充実していることも必要です。
ただし、実践する項目が多すぎないこと。

 

トレーニングキットとしては、内容は充実しているかもしれませんが、やることが多いのも苦痛ですし、毎日となると続かなくなってしまいます。
教材を買ったことに満足してしまって、”宝の持ち腐れ”にもなりかねません。

 

ですから、”適度な量”というのも大切なんですね。

 

2.製作、監修しているのが視力回復のプロか?

 

視力回復に関するマニュアルやトレーニングキットなどは、医師や整体師など、視力回復のプロ以外の方も数多く販売しています。

 

ただし、彼らは視力回復のプロではないということです。

 

たとえば、眼科医は基本的には「近視を治すという考えはない」んです。

 

眼科での近視対応に”治療”は入っていないんです。

 

あくまでも、日常生活に支障を及ぼさないように“矯正という名の対処”をして終わりです。

 

また、整体師は骨盤の歪みや筋肉の調整によって、肩こりや腰痛などの気になる症状の改善を促す仕事です。

 

視力回復のための訓練や実地をしてきたわけではありません。

 

これらのことを考えると、視力回復のプロからトレーニングをうけることが一番オススメです。

 

時間的にも距離的にも通うことがむずかしかったり、費用的な部分をかなり軽減したい場合は、視力回復のプロが制作した視力アップ教材はおおいに活用する価値はあるのではないでしょうか。

 

3.サポート体制はしっかりしているか?

 

たとえば通常の病気の場合でも、思うように回復しない場合は医師が症状別に処方を変えたりしますよね。
お子さんが視力低下した原因はそれぞれ違います。
だから、視力回復トレーニングの順番やトレーニング方法を個別に変えることで、回復のスピードが飛躍的にアップするケースもでてきます。

 

満足ができる結果になるまで、徹底的にサポートしてくれるかは重要なんです。

 

ただし、「サポートあり」とうたっている場合でも、実際には返信が遅かったりいい加減な業者も存在します。

 

そんな時に目安となるのが、製作した視力回復のプロが「実店舗を持っているか」です。

 

自分自身の顔も公表して運営されているので、悪評が立てばその人自身の死活問題にも関わってきます。
だから、責任を持って対応してくれる事がほとんどです。

 

 

お子さんが遊び感覚でつづけられることを、
徹底的に考え抜かれ、実績を上げ続けている唯一の教材、
それが、田中謹也さんの「アイ・トレーニング・コンプリートキット」です。

 

 

 

もし、1日たった13分のトレーニングを2ヶ月続けるだけ、
お子さんが”メガネの必要ない”視力までに回復するとしたら、
試してみる価値はありますか?

 

 

当サイトでは「アイ・トレーニング・コンプリートキット」の内容や方法などについて、できるだけわかりやすくお伝えしていきます。

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセットの詳しい評価をお調べになっていらっしゃるならば、どうぞ、もうすこしだけページを読み進めてみてくださいね。

 

プログラムの詳細をすぐに確認したい場合は↓↓↓コチラ
⇒田中謹也「アイ・トレーニング・コンプリートキット」

【一日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法】の内容とは?

プログラム監修者

 

田中謹也

 

田中謹也氏は、アイ・トレーニング 視快研 小牧店で、アイ・トレーニング公認のインストラクターをされています。
店舗がオープンしたのは平成15年で、これまでに2087名のお子さまが視力アップに成功、9割以上のお子様の視力を0.8以上に回復させてきた実績があります。
「一日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法」は田中謹也氏の監修の元、NPO「日本視覚機能向上研究所」の人体メカニズムに対する研究と、数多くの
実験・検証を繰り返して完成した視力アップ法です。

 

1日13分の2ヶ月間のトレーニングで、視力を0.3から1.2まで視力アップを実現した、「お子さんでも無理なく簡単に、楽しく継続できる方法」として多数のメディアで紹介されています。

 

以前から「自分もトレーニングを受けてみたい。でも近くにアイ・トレーニングがなくて、どうしても通うことができない」という遠方の方のためにメールでのサポートを開始。今ではその会員数も、2000名以上になっているようです。

 

「アイ・トレーニング・コンプリートキット」は、メールサポートだけでなくお見せと同じような視力回復法を、自宅でかんたんにできるように開発されたものです。

 

NPO「日本視覚機能向上研究所 」とは、視覚からの情報収集力と人間のパフォーマンスの関係性を解き明かし、視覚機能向上の方法を研究する非営利法人です。

 

 

「一日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~アイ・トレーニング・コンプリートキット」のポイント

 

目が悪いのは、遺伝ではない!

 

重要なのは早期発見、早期トレーニング。
一流のスポーツ選手が取り入れている内容が
年長さんでも簡単にできて、楽しい

 

 

【商品セット内容】

 

印刷版メインマニュアル1冊:80ページ
ブロックストリングス:1本
トレーニングチェック表:1枚
CD-ROM:1枚
【CD-ROM内容】

 

メインマニュアル:80ページ(PDFファイル)
トレーニングミュージック(MP3ファイル/1分53秒)
特典ファイル
アイストレッチ1(PDF) ・ アイストレッチ2(PDF)
トレーニングチェック表(PDF) ・ 眼のマッサージ方法(PDF)
検眼表(3m用 PDF) ・ 眼にいい食品表(PDF)
特別レポート1:子供の視力低下予防法(PDFファイル)
特別レポート2:近視になってしまう常識のウソ(PDFファイル)
付属トレーニングシートA(PDF) ・ 付属トレーニングシートB(PDF)
付属トレーニングシートC(PDF)